なぜ蜂の子はめまいの予防に役立つのか

めまいの原因になる難聴の予防に役立つ栄養素が含まれている

めまいは、突発性難聴などが原因となって引き起こされる場合があります。
蜂の子には、難聴の原因になるストレスや血行不良の予防をサポートしてくれる栄養素が多く含まれています。

難聴の予防に役立つ蜂の子のアミノ酸

フェニルアラニン

フェニルアラニンは、必須アミノ酸の一種です。必須アミノ酸は、体内で合成することができないため、食事などから摂取する必要があります。

フェニルアラニンを摂取すると、体内でノルアドレナリンやドーパミンの材料になります。このノルアドレナリンやドーパミンがしっかりと分泌されることで、気力が高まってストレスに強くなるのです。

トリプトファン

トリプトファンは、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの材料となるため、感情をコントロールして心の安定を保つことに役立ちます。
ストレスが溜まっていると、このセロトニンの分泌量が減ったり働きが制限されたりします。

また、日中に分泌されたセロトニンは、夜になると睡眠ホルモンであるメラトニンに変わります。そのため、トリプトファンをしっかりと補ってセロトニンの分泌が高まると、睡眠の質も良くなります。

このようなトリプトファンの働きが、めまいの原因に繋がる難聴の予防を叶えてくれるのです。

メチオニン

メチオニンも、トリプトファンと同じようにセロトニンの材料になる必須アミノ酸です。ですから、摂取することで心の安定の維持や睡眠不足の解消に役立ちます。
また、メチオニンはアドレナリンやドーパミンの材料にもなるため、ストレスへの耐性も高めてくれます。

リジン

必須アミノ酸であるリジンは、非必須アミノ酸のアルギニンと一緒に摂取すると、ストレスを緩和してくれます。
このリジンが不足してしまうと、めまいや貧血などの症状を引き起こす恐れがあります。

チロシン

チロシンは、ドーパミンやアドレナリン、ノルアドレナリンの材料となるため、ストレスの改善に役立ちます。
また、チロシンを摂取すると、体内で自律神経の調整を行う甲状腺ホルモンの材料になります。
ですから、ストレスを緩和したり自律神経を整えたりしてめまいを改善するためには、チロシンをしっかりと補うことが大切です。

アルギニン

アルギニンには、体内で一酸化窒素を生成する働きがあります。
この一酸化窒素には、血管を拡張する作用があります。ですから、アルギニンは血行改善に期待ができる成分です。

難聴予防に役立つ蜂の子のビタミン

ビタミンB1

ビタミンB1は、脳と脊髄にある中枢神経を正常に維持して、精神を安定させる力があります。
さらに、ブドウ糖からのエネルギーの生産を助ける働きもあるため、脳神経の働きも正常に保ってくれるのです。

ナイアシン

ナイアシンには、睡眠時の「レム睡眠とノンレム睡眠(※1)」のリズムを整えて、睡眠の質を高める力があります。
(※1)レム睡眠は脳が働いている状態で、ノンレム睡眠は脳が休んでいる状態です。

また、ノルアドレナリンやドーパミンの材料にもなるため、ストレスへの耐性も高めてくれます。

パントテン酸

パントテン酸は「抗ストレスホルモン」とも呼ばれており、体内でストレスに対抗する副腎皮質ホルモンの働きを促す働きがあります。

さらに、パントテン酸には善玉コレステロール(※3)の合成を促進する働きもあるため、難聴の原因に繋がる血行不良の改善にも役立ちます。
(※3)善玉コレステロールには、血流を悪化させる原因になる悪玉コレステロールを回収して、肝臓に運ぶ役割があります。

難聴の予防に役立つ蜂の子のミネラル

カルシウム、マグネシウム

カルシウムはマグネシウムとバランス良く摂取すると、お互いの働きを助けて精神を安定させる力が高まります。
蜂の子には、カルシウムとマグネシウムが両方含まれているため、安定した精神の維持に役立ちます。

亜鉛

亜鉛は神経伝達物質の合成に欠かせない成分であり、ストレス解消へと導いてくれる力があります。
また、亜鉛は耳の奥にある蝸牛(かぎゅう)に多く蓄積されているため、不足してしまうと聴力にも悪影響を与えてしまう恐れがあります。

鉄は、めまいの原因に繋がる貧血を予防するためには欠かせない成分です。
摂取した鉄は、体内でヘモグロビンの材料になります。ヘモグロビンの材料になる鉄を十分に補うことで、貧血の予防が叶えられるのです。

自律神経のバランスを整える栄養素が含まれている

めまいを引き起こす原因の一つとして、自律神経の乱れが考えられます。
蜂の子には、自律神経のバランスを整えてくれるアミノ酸や、亜鉛やカルシウムなどのミネラルが含まれています。

自律神経のバランスを整える蜂の子のアミノ酸

トリプトファン

トリプトファンは、体内でセロトニンの材料として使われます。このセロトニンには、神経伝達物質であるドーパミンとノルアドレナリンを制御して、精神を落ち着かせる力があるのです。

精神が安定すると、自律神経の一つである副交感神経の働きが優位になり、自律神経のバランスが整います。

自律神経のバランスを整える蜂の子のミネラル

亜鉛

亜鉛は、自律神経にも影響を与える女性ホルモンの量を増やす力に期待できる成分です。

自律神経と女性ホルモンは、脳の視床下部でコントロールされています。そのため、加齢などによって女性ホルモンが減ってしまうと、脳の視床下部が混乱してしまい、自律神経も乱れてしまうのです。

亜鉛をしっかりと補うことで、女性ホルモンの減少を抑えることができます。そして、女性ホルモンの減少を防ぐことで、視床下部の正常な機能を維持し、自律神経のバランスを保つことができるのです。

カルシウム

カルシウムには、神経細胞の興奮を抑制する働きがあります。
そのため、カルシウムを十分に摂取することで、ストレスを軽減して自律神経の乱れを防ぐことができるのです。

マグネシウム

マグネシウムには、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの分泌を促進する働きがあります。また、神経の高ぶりを抑制してくれる力もあります。
これらの働きによって、ストレスやイライラした感情が緩和されて心の安定が保たれるのです。

出典:
蜂の子はめまいにも効果的
http://wanpack.main.jp/post23.html
蜂の子でめまいを改善
http://toa-search.netgamers.jp/dizzy.html
貧血緩和に蜂の子
http://rojiura.x0.com/2008/02/post_391.html
蜂の子でめまいを改善
http://musiquo-musiqua.x0.com/dizzy.html