蜂の子が血行促進に役立つ理由とは

血行を促進してくれるビタミンが含まれている

ビタミンC

蜂の子には、血行を促してくれるビタミンが多く含まれています。その中の一つが、ビタミンCです。

体内のビタミンCは、コラーゲンの合成を行う際に働く酵素をサポートする役割を果たします。このコラーゲンは血管の主成分にもなります。
ですから、ビタミンCを十分に補うことでコラーゲンを生成する働きが高まり、血管を丈夫にすることができるのです。

また、ビタミンCには活性酸素を除去する抗酸化力があります。
この活性酸素は、酸素を吸うことで発生し、体内に入り込んだウイルスなどと戦ってくれます。しかし、ストレスなどの影響を受けてしまうと、大量に活性酸素が発生してしまい、様々な細胞にダメージを与えてしまうのです。

血液中の悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化してしまうと、過酸化脂質となり血行が滞りがちになってしまいます。
抗酸化力があるビタミンCをしっかりと補うと、過酸化脂質の発生を抑制し、良い血流を維持することができます。

ナイアシン

ナイアシンには、毛細血管を広げて血行を良くする力があります。
さらに、ナイアシンは、善玉コレステロールを減らさずに、悪玉コレステロール値と中性脂肪値を低下させてくれます。この働きにより、血行を滞らせる原因となる過酸化脂質の発生が抑えられるのです。

パントテン酸

パントテン酸は、体内で善玉コレステロールの合成を促す役割を果たすビタミンです。
善玉コレステロールには、余った悪玉コレステロールを回収する働きがあるため、善玉コレステロールが増えることで血流の悪化が抑制されるのです。

血行をサポートしてくれるアミノ酸が含まれている

タウリン

蜂の子には、血行の促進をサポートしてくれるタウリンやアルギニンといったアミノ酸が含まれています。

タウリンは、体内で血圧を調節したり、血液中のコレステロールを下げたりする役割を果たします。
血流に悪影響を与える悪玉コレステロール値が下がることで、血流が良い状態になり血行が促進されるのです。

アルギニン

食品などから摂取したアルギニンは、体内で一酸化窒素を生成します。この一酸化窒素は、血管を拡張する力を発揮するため、血圧の調節にも役立ちます。
ですから、蜂の子といった食品からアルギニンを十分に補うことで、血行促進へと導かれます。

血流を良い状態へと導くミネラルが含まれている

鉄は、赤血球の色素であるヘモグロビンの構成成分です。このヘモグロビンは、血液中で酸素を運搬する重要な役割を担っています。
ヘモグロビンの構成成分である鉄が足りないと、酸素をしっかりと運搬することができなくなり、血行不良の原因にもなってしまうのです。

そのため、良い血行を保つためには、蜂の子といった鉄分が含まれている食品を意識的に食べることが大切です。

マグネシウム

マグネシウムには、動脈を緩めて血圧の上昇を抑える力があります。動脈を緩めるだけでなく、血圧を上げてしまうナトリウムやカルシウムの量を体内で調節する役割も担っています。
このため、マグネシウムをしっかり摂取することで、血圧が高くなりすぎることを防ぎ、良い血流を守ることができるのです。

血流の悪化を防いでくれる脂肪酸が含まれている

リノレン酸

体内に取り入れたリノレン酸は、DHAやEPAに変わります。このDHAやEPAには、血液の状態をサラサラにしてくれる力があります。
その力によって血液がサラサラになることで、血流も良くなるのです。

オレイン酸

オレイン酸には、血液中の善玉コレステロールを減らさずに、悪玉コレステロール値を下げる役割があります。また、善玉コレステロールを増加させる作用にも期待できます。
このような働きによって、悪玉コレステロールを減り善玉コレステロールが増えると、血流が良くなって血行促進へと導かれます。

出典:
血行促進効果が期待できる蜂の子の栄養素とは
http://www.colonymovie.com/topic08.html