蜂の子でアレルギーが起こる可能性はあるのか?

蜂の子でアレルギーが起こる可能性がゼロではない

蜂の子は、ミツバチやスズメバチなどの幼虫やサナギのことを指し、山間部を中心に貴重なタンパク源として食されています。
この蜂の子は、中国などで古くから安全性が高い漢方としても愛用されていました。

しかし、人の体質によっては、蜂の子によってアレルギー反応が現れてしまう可能性があります。

蜂の子によって起こる可能性があるアレルギーとは

蜂の子の成分によるアレルギー

タンパク質

人の体はウイルスや細菌が入ってくると、抗体がつくられて外敵を退治しようとします。しかし、この免疫が有害でない物質に対しても過剰に反応しすぎてしまうと、アレルギー症状が引き起こされます。

食材でアレルギーを引き起こす原因になる物質(アレルゲン)は、タンパク質が多いです。
蜂の子には様々な栄養素が含まれていますが、中でもタンパク質が沢山含まれているため、長野県などでは古くから貴重なタンパク源として食されていました。

そのため、タンパク質にアレルギーがある方は、蜂の子を食べることでアレルギー反応が起きてしまう恐れがあります。
タンパク質のアレルギーがある方は、蜂の子を食べる前に医師に相談をすることが大切です。

蜂の子に含まれているエビやカニの類似成分

エビやカニなどが原因で引き起こされる甲殻類アレルギーは、これらに含まれている「トロポミオシン」と呼ばれるタンパク質の一種が、アレルゲンになるといわれています。

実は蜂の子には、このエビやカニの類似成分が含まれているため、甲殻類アレルギーがある方は蜂の子を摂取しないように注意しましょう。

蜂毒に対する抗体によって起こるアレルギー

人によっては、蜂に刺されてしまうと蜂の毒液に対する抗体ができる場合があります。
蜂の毒液に対する抗体ができると、次に蜂に刺された際にアレルギー反応が起こる可能性があります。また、極めて短時間で全身にアレルギー症状が現れる「アナフィラキシー」が引き起こされる恐れもあるのです。

蜂に刺されたときに、蜂毒にアレルギーがない方の場合は、刺された箇所に軽い痛みや腫れが起こり、数日たつと消えていきます。
しかし、蜂毒にアレルギーがある方のうちの数%は、急な血圧低下や意識障害などによるアナフィラキシーショックが起こってしまう恐れがあります。このアナフィラキシーショックになると、最悪の場合は命が危険な状態になってしまうことがあるのです。

蜂の毒針は、産卵管が変化したメス蜂のみが持っています。そのため、蜂の子そのものには毒の心配はありません。
しかし、蜂の子の摂取と蜂毒によるアレルギーの関係は、科学的に明らかにされているわけではないため、蜂の子でアナフィラキシーショックが絶対に起こらないとはいえないのです。

ですから、過去に蜂に一度でも刺されたことがある方は、安易に蜂の子を食べないように注意してください。

出典:
蜂の子サプリ副作用ある?
http://sachi-bridal.chu.jp/01.html
蜂の子の食べ過ぎは問題ある?
http://otk.minim.ne.jp/overtake.html
蜂の子はアレルギーに注意
http://nenga.eek.jp/allergy.html
蜂の子でアレルギー?
http://www.jamiessoftware.tk/articles/menubars.html